徹底解説!RPAとは?



徹底解説!RPAとは?

最近、RPAという言葉を聞く機会が増えてきました。IT業界のみならず、一般的にもよく耳にするようになったRPAとは一体どんなものなのでしょうか?今回は、RPAとは何か、そのメリットなどを解説していきます。

RPAとは?

RPAとは、(ロボティック・プロセス・オートメーション)の略で、ホワイトカラーの単純な間接業務の自動化のために、人工知能やルールエンジン、機会学習などの高度な認知技術を活用したソフトウェアロボットを意味します。

具体的には、構造化データを収集統合後、システムへ入力し、業務を自動化する仕組みとなっています。サーバー等にインストールをして、管理サーバーから一括操作が可能で、主にデータ入力や情報の確認などの業務が自動化できることが特徴です。
特に「一定ルールの元の単純作業」、「標準化された業務」、「人的なエラーが多い作業」などにはRPAは相性が良いといわれています。

近年先進国の人材不足や人件費の高騰の背景もあり、元々欧米から徐々に広がりましたが、特に日本では超高齢化社会に突入していることもあって近年急速にRPAの需要が拡大しています。

AIとの違いは何か?

RPAとAIはよく混同されやすいですが、厳密にいうと違ったものです。

RPAはAIほど複雑な業務ではなく、一定ルールにしたがって単純作業をこなす特徴があります。一方でAIは、大量のデータを処理、分析してその結果を出力したり、AI独自で判断し、多種多様な選択肢を提案してくれる点が大きく異なります。

RPAは、AIと比較しても低コストで導入が可能で、AIほどハードルが高くない点も大きな違いといえるでしょう。

RPA導入のメリット

RPAを導入することによって得られるメリットとはなんでしょうか?第一に人件費の削減ができる点です。RPAは1人の人件費に対して10%から30%程度といわれており圧倒的に安価です。(中には高額なものもある)

これは発展途上国の人材を雇用するよりも安価です。

二番目には、業務の自動化によるメリットがあり、人間のように休憩が不要で24時間365日稼動が可能だということです。正確なアウトプットが可能で人的ミスが減るという点やRPAに業務を任せた分、人間がより高付加価値の高い業務に集中できます。

現在のRPAツールは?

現在、RPAツールはWebアプリケーションという形でリリースされていますが、Windowsデスクトップアプリケーションなどに対応し、操作する人の操作方法を監視したり自動で記録する機能やフローチャート形式で動作を補完する機能もついている製品もあります。

導入する際も簡単で、既存の環境やソフトウェアをそのまま使用できます。RPA本体をインストールするサーバーとWindowsのPCがあればでき、人間がPCで作業している内容をロボットに記録し、教え込んでいけばよいだけです。

まとめ

RPAとは、ホワイトカラー業務の自動化、効率化のために人工知能やルールエンジン、機会学習などの高度な認知技術を活用したソフトウェアロボットです。

現在の日本では超高齢化社会のため、ニーズが急拡大しており近年注目されています。

人件費の削減や自動化による人的ミスの減少、人間がより高付加価値業務へフォーカスできるなどのメリットがあります。



LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)