金融業界がAIとRPAに注目する理由とは



金融業界がAIとRPAに注目する理由とは

ホワイトカラーの1つの金融業界でRPAの注目度が高くなってきました。その理由としては他のホワイトカラーの業界の例にもれず、人手不足や人から人への業務の引継ぎが難しくなってきたからだといわれています。今回は金融業の課題とAI、そしてRPAについてお話します。

金融業界がかかえる課題

AIをはじめとするロボットが日本の金融業界に浸透しつつあるといわれています。その背景には金融業界がかかえる大きな課題にあります。少子高齢化問題がうたわれる近年の日本ですが、少子高齢化がすすむということは若者の労働人口が減少ということでもあります。そんな中、他のホワイトカラーの企業にもれず、金融業界でも深刻な人手不足に陥る未来が懸念されています。

また、社員全体の年齢構成に変化が生じることにより、業務の引継ぎの課題もあります。従来の人の手で引き継ぐ方法では、対応がしきれなくなってきている事実があるのです。さらに、リーマンショック以降に新しい規制が日々生まれています。その規制対応に追われ、業務量が増える一方で人手が足りないという最悪な状況に陥っています。

とはいうものの、いくら業務量が増えたからといってそれに合わせて人材を増やすのは現実的とはいえません。そこでRPAの注目度が高くなってきているというわけです。他の業界と比べて金融業界はITに大きな投資を続けてきた業界ですので、ロボットやAIなどとは縁ある業界ともいえます。現在の金融機関の業務の大半がデスクトップで完結するものが多く、そのほとんどが定型作業です。

これはまさに、従来のRPAに期待される効果を発揮できる現場といえます。定型作業をRPAが代行することで、クリエイティブな業務に時間を割くことができるのです。RPAを導入することで定型作業を自動で処理、それにより社員全体の残業時間の削減にもつながります。


Accenture(アクセンチュア)の取り組み

今回の金融業界のRPA導入サポートとして声をあげたのが、日本のアクセンチュア株式会社です。アクセンチュア株式会社はRPAの考案元であるアメリカのBlue Prism(ブループリズム)株式会社と協業し、様々な業種においてRPAソリューション提供をめざしています。

関連記事:RPAの考案元「Blue Prism」が提供する高性能RPAとは

アクセンチュアの強みは金融業界向けのサービスチームの中に、AIやロボティクス専門のスタッフがいることです。金融機関がRPAを導入することで、主に以下の効果が期待されるといわれています。

・事務コストの削減
・ヒューマンエラーの撲滅
・生産性が向上することにより、付加価値の高い業務に時間がさける

今後のAIとRPAの進化

AIとRPAは別物とされていますが、一部ではRPAをAIを組み合わせる、もしくはRPAにAIのような機能を組み込むような研究もされているそうです。定型作業しかできなかったRPAがAIのように思考することができれば、それはまさに革新ともいえるでしょう。

また、これは余談ですが、Googleの傘下企業が開発したAIがチェスの世界王者と将棋のプロ棋士に勝利し、話題になりました。これはAIの進化を喜ぶともに、我々にいくばくかの恐怖を植えつけました。一部では2045年を境にAIがさまざまな面に人類の知能を超えるのではないか?と懸念されています。もし本当にそのようなことになれば、SF映画にあるように人間とAIが共存し、いずれは人類全体がAIに支配されるという結末が待っているかもしれません。

しかし、これはAIだけに限ったことではないのですが、テクノロジーを間違った使い方をすれば必ず大きなしっぺ返しをくらうことになります。いくらAIが進化しようともその使い方や活用方法を間違えないようにしたいものです。

今回のまとめ

今回は金融業界がかかえる課題とRPAの導入、AIについてお話してきましたがいかがでしたか?金融業界もRPAに注目しはじめ、導入している機関も多くなってきています。今後もさまざまな業界にRPAやAIが活かされることを期待していきたいです。



LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)