【R】RPA(あーるぴーえー)



【R】RPA(あーるぴーえー)

Robotic Process Automation(ロボティック・プロセス・オートメーション)の略。
バックオフィス業務、事務作業などをコンピュータを使って、自動化する技術のことを言う。
仮想知的労働者(Digital Labor)とも呼ばれ、マクロやプログラムを利用した大量のデータを反復処理するだけでなく、マウスの動きを決まった動作に設定したり、デスクトップ画面上のファイルを特定のフォルダに移動する、という設定も可能。
これまで「人」が繰り返し行ってきた業務は「RPA」に任せることでヒューマンエラーがなくなる。
ルーティンワークや一定のルールに従った処理をする場合に多く用いられるほか、これまでは対象外とされていた作業にも簡単に導入することができるため、導入が進んでいる。

代表的なRPAとして、WinActor(ウインアクター)、Automation Anywhere(オートメーションエニホェア)、Blue Prism(ブループリズム)などがある。



LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)