RPAは人手不足を解消する救世主



RPAは人手不足を解消する救世主
RPA元年?

2018年は「RPA元年」とも言える年になるかも知れません。
RPAを導入する企業が爆発的に増えている一方で、まだまだRPAを知らない、認知すらしていない、という企業も多くあるかと思います。

RPAという言葉そのものを知らなければ、RPA導入に結びつけることは難しいので、業務自動化・業務効率化=RPAという認知がなされなければいけませんが、この認知がかなり広がってきている印象です。

RPAってなんのこと?

そもそもRPA、RPAと言ってますがRPAとはなんのことか?
まだRPAについてあまりよくわからないという方はここで覚えてしまいましょう。

RPA=ロボティック・プロセス・オートメーション、の略で、「アールピーエー」と読みます。
要するに業務を自動化するためのツールのことで、デジタルレイバーという呼び方もありますが、どちらも同じ意味だと考えて問題ありません。

デジタルレイバーを導入しよう、という使い方をすれば、RPAを導入しよう、というのと同じ意味です。
またRPAそのものを労働者として考え、仮想知的労働者、と呼ぶ場合もあります。

関連記事
RPAの教科書【徹底解説RPAとは?】

徹底解説!RPAとは?

これまでの業務効率化ツールと何がちがう?

RPA市場は現在急拡大している市場です。企業の人手不足を背景としており、働き方改革の流れもこの市場を後押ししています。

今後RPAを使えない企業は生き残ることが出来ないとまで言われています。

業務効率化をしたいならRPA、人手不足を解消したいならRPA、働き方改革をするならRPA、なのです。

これまでにも、業務効率化をするためのツールやシステムはたくさんありました。
なぜ、これほどまでにRPAが拡大しているのでしょうか?

それは、これまで自動化出来なかった小さな作業を自動化できるから。
例えば経理の入力作業、WEBデータの情報収集は、自動化しようと思えば出来なくはない、でもそこまでコストを掛けている時間もなければお金もない。という作業であることが多いです。

さらに、導入したあとに業務内容が変わると、それに合わせてシステムを変更する必要があるため、またお金がかかる、というものでした。そのため、資金があり、開発にコストをかけることができる大企業でなければ、導入の難しい分野でした。

このような大企業でなければ導入が難しい作業や業務を、中小企業でも導入できるようにしたのがRPAなのです。

RPAは24時間働き続ける社員

システムの導入が難しいけど、やらなければならないという作業は、これまで事務や総務が担っていました。
RPAを導入することは、この仕事をしてくれる社員を採用するのと同じことなのです。
実際に、RPAを導入する企業では、RPAに名前をつけたり、社員番号を与えたりしているケースも見られます。

ここまで読んでもまだRPA導入のメリットがピンと来ないかも知れません。
では、RPAを社員としたら、どんな社員なのか以下に挙げてみました。

・疲れ知らず
・24時間365日働き続ける
・新しい作業はすぐ覚える
・作業は正確無比、ミスをしない
・極秘データも扱うことが出来、絶対に外に漏らさない
・文句を言わない

いかがでしょうか?このような社員が採用できるとしたら、採用しますか?
おそらくほとんどの経営者の方が採用する、というのではないでしょうか。

RPAは労働者にとって敵か味方か

ここでよく勘違いされてしまうのが、RPAを労働者にとっては仕事を奪う「敵」とみなしてしまうことです。
これは全くの間違いで、RPAはあくまでも労働者をサポートしてくれる存在です。
RPAを使うことで、人間にしか出来ない「発想力」「クリエイティブ」に時間を使うことができるのです。

例えば、毎月末に必ずやらなければならない作業があったとして、5日間がそこに費やされるとします。
RPAを導入することで、これが2日間になれば、業務効率は飛躍的に上がることになります。
では余った3日間をどうするか?これを新たなサービスの開発時間にあてればよいのです。

忙しい中では、新たなサービスを開発することもスタートさせることも出来ません。
RPAは現代社会の救世主ともいえるツールなのです。



LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)