NECが「業務分析サービス」でRPAソリューション強化へ



NECが「業務分析サービス」でRPAソリューション強化へ

さまざまなRPAソリューションが生まれていく中で、日本電気株式会社(以下、NECとする)も2018年10月22日に、新たなRPAソリューションを発表しました。それは自社にある業務の中から、RPA適用業務の洗い出しを支援する「NEC業務改善ソリューション 業務分析サービス」です。

NECが提供予定の「NXC業務改善ソリューション 業務分析サービス」とは

業務分析サービスについて具体的に見ていきましょう。このサービスはRPA導入検討時に、自社のPC業務の操作ログから、作業の流れや操作内容、所要時間を可視化してRPA適用候補の業務を抽出するというものです。また今後は、持続的な業務改善を進めるために、納期短縮や費用の低減、品質の向上などの効果指標の定量化やモニタリングできる仕組みなどを順次提供するとのことです。RPAを活用して、持続的な業務改善を行えるように支援するとしています。2019年2月より提供予定で、価格は税別150万円からだそうです。

有用なRPAソリューションはさまざまありますが、今回のサービスは多くの企業にとってありがたいものなのではないでしょうか。RPAの導入を検討する際に、最初にすることは業務の洗い出しです。その洗い出しを支援するサービスはまさに、痒い所に手が届く、といったものだと思います。

さらに、NECでは今回の業務分析サービスで利用する業務の操作ログを可視化および分析する機能と、同社のRPAである「NEC Software Robot Solution」をセットにした「NEC Software Robot Solution 業務分析パック」を12月から販売する予定とのことです。このソリューションには、パソコンの操作内容を記録および集計して、ロボット作成時に役立つ作業手順書を自動で生成する機能があります。また、作業の流れや手作業量の可視化機能も備えてあり、RPA適用候補作業の抽出に活用可能です。

上記に加えて、人間が行うパソコンの操作だけにとどまらずに、NEC Software Robot Solutionで作成したロボットの動作ログも記録できます。このため、担当者の異動やドキュメント不足などで管理や把握しきれなくなったロボットがあっても、そのロボットの動作を可視化できるようになるので、滞りなく円滑なロボットの作成と運用を支援するとしています。価格は3ヶ月で税別50万円からのようです。

NECグループでは、バックオフィス系の共通業務でNEC Software Robot Solutionなどの
複数のRPAツールを活用して業務効率化を図ってきました。その中で、新たにUiPath社のRPAツールを自社グループ内のRPA基盤に追加しました。複数のRPAツールの適材適所な使い方、効率的な運用方法に基づき、社内業務への適用を開始するとのことです。これは、NECグループの業務シェアード会社のNECマネジメントパートナー主体で実施していくとしています。またNECは、UiPath社と同社製品についての販売代理契約を結びました。柔軟かつ適材適所なRPA運用方法を提案して、UiPath社のRPAツールの販売を進めていくとのことです。

UiPath社といえば、ニューヨークに本社があり、日本支社は東京にあります。今回のNECがUiPath社のRPAツールの販売代理店になるというようなケースは多くあります。要は海外のRPAベンダーの販売代理店になるということです。これが示していることは、「まだまだRPAソリューションは海外のほうが強い」ということだと思います。RPAの発祥元が海外であるので、そうと言えばそうかもしれません。

海外のベンダーの販売代理店という形をとるということは、非常に有用なことであり、より日本にRPAを拡充する手段としても有効だと思います。ただ、日本には純国産の「WinActor」がありますし、今後はもっと純国産のRPAが増え、日本内でさらにRPAソリューションが発達して盛り上がることを期待したいものです。



LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)