UiPath社のRPAの最新版、「UiPath 2018.3」を発表



UiPath社のRPAの最新版、「UiPath 2018.3」を発表

今回もRPAについての最新ニュースをお届けします。新しいRPAが開発されるのも喜ばしいことですが、既存のRPAがバージョンアップするのも非常に興味深いと思います。UiPath社は10月26日に、同社で提供しているRPAの最新版である「UiPath 2018.3」を提供開始することを発表しました。今回の最新版では、「UiPath Studioのアーキテクチャの刷新」「自動化コンポ―ネントを組織全体で共有可能」「手間をかけずにロボットを活用および管理できる幅広い機能」などを追加しているとのことです。

上記の3つの詳しい機能については以下の通りです。

■UiPath Studioのアーキテクチャの刷新

アーキテクチャの刷新をしたUiPath Studioでは、これまで以上に優れた応答性や信頼性、安全性を提供して、より高度な機能を開発することが可能になりました。また、再利用が可能なコンポ―ネントの実現しています。さらに、標準のコンポーネントのバージョン選択の自由度も増しています。そのため、複雑な自動化プロセスでも、その実行および拡張、アップグレードやトラブルシューティングを容易にサポートできるとのことです。

■自動化コンポーネントを組織全体で共有可能

自動化コンポーネントの共有では、「UiPath Go!」のマーケットプレイス内や「UiPath Studio」内、「UiPath Orchestrator」内のテナント、サードパーティーとのコンポーネントなど、組織全体で幅広いコンポーネントを共有および再利用ができるようになりました。再利用可能なコンポーネントが自動化プロジェクトの開発スピードを加速します。そして、最終的には組織全体の投資対効果(ROI)を促進します。例えば、SAPの自動化プロジェクトを作成する場合でいえば、ログインやログアウトなどのの操作を一般化するコンポーネントを再利用できるようになります。

■ロボットの活用および管理

ロボットの活用および管理では、自動化の実行中にリアルタイムにデータ入力を行うことで、動的にやり取りができる「カスタム入力アクティビティ機能」が追加されました。また、キーボードとマウスアクションの有効化と無効化の指定ができる機能、「ユーザー入力ブロックアクティビティ」を利用できるようになりました。ユーザー入力ブロックアクティビティでは、ロボットを実行中のユーザーによる不用意な入力を完全に排除して、自動化処理の実行中も高い信頼性で実装できるようになります。

■その他の新機能

その他、追加された新機能としては、「レポート」「文書」「PDF」の作成、文書への画像や表の追加やExcelシートでの指定範囲のコピーおよび貼り付け、フィルタリングなど最も一般的なさまざまなOfficeアクションをユーザーのワークフローにドラッグ&ドロップできる機能が追加されました。さらに、人間主導型ロボット(Attended Robot)では、コマンドが簡単になっただけではなく、非永続的な仮想デスクトップインフラ(VDI)を始め、どのようなロボットにも接続可能になりました。これにより、スケジューリング、ライセンシング、プロビジョニングも容易に実行できるようになりました。また、管理者はサポートチームとやり取りをする必要がなくなり、数クリックだけでライセンスの配布と再割り当てを行えるようになりました。加えて、休日や週末など、その他の非操業時にロボットのオフタイムをスケジューリングできる機能も追加されたとのことです。

今回はUiPath社が提供しているRPAの最新版である「UiPath 2018.3」についてお届けしてきましたが、いかがでしたか?UiPath社のRPAはもともと高性能でしたが、今回の最新版でさらに使いやすくなった印象です。詳細な提供日などは発表されていませんので、続報を待つことにしましょう。



LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)