RPAのことならお任せ?今話題の「RPA女子」とは



RPAのことならお任せ?今話題の「RPA女子」とは

今回もRPAについてのお話しなのですが、一風変わったものをお届けしたいと思います。RPAを使った開発や運用のスキルを備えた女性人材の育成と、企業向けの派遣を行う「RPA女子」というサービスが話題になりつつあります。

RPA女子というサービスが生まれたワケ

RPA女子はRPAベンダー大手のRPAテクノロジーズと人材育成の株式会社MAIA(以下、MAIAとする)などが、2018年5月からサービス開始をしました。今回のサービスを始めた理由としてMAIAの月田有薫香CEOは次のように述べています。

「RPAの需要が高まっていく一方で、自動化プログラムであるソフトウェアロボットの開発や運用を担うRPA人材の供給が追い付いていないからです」

そこでMAIAはeラーニングやOJTを通じて、RPAの導入および活用の支援に必要なスキルを備えた女性エンジニアを育てることを目的として始めたといいます。

100人の求人枠に5000人が応募

結婚や出産などといった人生においての大きなイベントを境に、1度はキャリアを諦めたり、育児が忙しくてフルタイムでは働けないという女性は多くいます。中でも、両社の育成や派遣サービスが想定しているのは、就労意欲は高いのにさまざまな事情から本人の望む形で働けていない女性エンジニアたちだそうです。

今回のサービスでは、開始から半年で計2期、50人近くのRPA女子を育成したそうです。現在は3期めと4期めの育成カリキュラムを進行中だといいます。3期は受講生を100人募集したところ、なんと定員の50倍の5000人からの応募がありました。そこで急遽、受講生の枠を150人にまで広げたそうです。

実際にRPA女子サービス受けた元SEの方の話によると、子育てで忙しい中でもSEの経験を活かして働きたいと考えていました。しかし、現在のIT業界は残業を避けて通ることは不可能で、子育ての両立は難しいのが現実としてありました。そこで、今回のサービスを受けてRPA女子としてデビュー。仕事の場所は基本的に自宅で、クラウド会計ソフト使った経費精算処理の自動化の仕事をしたりしています。通勤する必要がないので、育児や家事の合間に仕事ができるので、心の余裕が生まれたといいます。また、最初は戸惑ったものの、ほかのRPA女子仲間とチャットツールで情報交換などができるので、孤独感はないし、報酬は時給制で安定しているそうです。

転勤族の妻こそRPAを学ぶべき

RPA女子になったある方は、これまで夫の転勤による引っ越しを7回ほど経験しているそうです。この方によると、転勤妻の悩みの1つがキャリアの断絶だといいます。夫の転勤についていくたびに、今の仕事を辞めなければならないケースが多いです。転勤先で新しい職場を探そうとしても、「どうせすぐに辞めてしまうんですよね?」とあしらわれることも多々あるといいます。

そこで、転勤族の妻の悩みを解決する手段として目を付けたのがRPAでした。先述した方と同じくSEとしての経験があり、企業の業務分析に携わっていたそうです。プログラミングほどの専門知識を必要とせず、人手不足なRPA人材は地方で働く機会が伏せる転勤族の妻の仕事にうってつけだ考えたといいます。また、IT業界で働く女性エンジニアについて、以下のように話しています。

「転勤族の妻に限らず、IT業界出身の女性がキャリアを活かす手段としてもRPAは有望です。働き方改革の波がIT業界にも及び、改善の兆しが見えてはいますが、未だに長時間労働が当たり前になっているのも事実です。女性のエンジニアが働き続けようと考えたとき、結婚や出産を諦めざるを得ないということも決して珍しくはありません」

今回のまとめ

今回お話ししてきたように、IT業界でキャリアを積んできた女性エンジニアが出産後も働きたいと考えたとき、RPAがその手段の1つといえるでしょう。



LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)