UiPathの最新バージョン「2018.3」の新機能をご紹介



UiPathの最新バージョン「2018.3」の新機能をご紹介

12月12日にRPAベンダーのUiPathは、日本法人設立以来、初のプレセミナーを開催しました。UiPathの概要を話すとともに、今年の10月にリリースされた最新バージョンである「2018.3」の新機能について解説しました。

UiPath社のRPAユーザーが急上昇

国内のUiPath社のRPAユーザー企業数は、2017年6月の時点で6社しかいませんでした。しかし、2018年12月12日時点で680社にも拡大しているといいます。このユーザー数拡大の理由の理由についてUiPath社は以下のポイントを挙げています。

  • 働き方改革において、業務改革だけでは時間の削減ができない中、RPAは時間の削減に直結するソリューションである
  • 日本ではシステムとロボット、人が連携した業務が多い中で、RPAはそれに対応している

さらに、海外でのRPAの活用の仕方はアウトソーシング業務での利用が多いといいます。一方、国内ではミドルやフロント業務もRPAの対象になっているので、少量かつ複雑な処理においても動作するという点が評価されている所以だといいます。

UiPath社は「アメリカ」「EU」「インド」「日本」の4つのリージョンで管理していますが、成長率は25~30%とほぼ同等のようです。特にアメリカやEUのスピードが上がっているといいます。もともとUiPath社は海外のベンダーなので、そのあたりがアメリカやEUの成長スピードが上がっている理由なのかもしれません。

UiPath社のRPAの特徴

プレセミナーでは、UiPath社のRPAの特徴なども解説されました。UiPath社のRPAは、定義したワークフロー動作させる「Robot」、処理をするワークフロー開発ツールの「Studio」、パソコン上のRobotを管理するための集中管理サーバーの「Orchestrator」の3つのコンポーネントで構成されています。ちなみに「Orchestrator」は必須ではなく、大規模利用の場合に必要になるといいます。

UiPath社のRPA特徴として同社は、

  • 対応できるアプリケーションの種類が多い
  • 400以上のアクティビティが利用可能など、ユーザーフレンドリーなワークフローが揮発できる
  • 小規模~大規模まで対応できる
  • API連携による機能の拡張性
  • 日本語サポート

上記の5つを挙げました。UiPath社が特に他社との差別化として挙げたのが「対応できるアプリケーションの種類が多い」という部分です。他社の場合だと、Javaアプリやブラウザに対応していなかったり、表示されていないボタンは押せないなどの課題があります。対してUiPath社では、本社の開発部門と連携して対応アプリを広げているといいます。

最新バージョン「2018.3」の特長

UiPath社では、毎年3~4回ほどバージョンアップを行っており、今年の10月にリリースされた最新バージョンの2018.3は2018年で最大の機能拡大とのことです。2018.3の特徴は以下の通りです。

  • 「Studio」の日本語化
  • 最新バージョンでは「Studio」が日本語化されました。日本語化は1つのバイナリで、UIを切り替えることで実現可能となっており、英語モードの切り替えもできるといいます。

  • 開発効率のアップ
  • アーキテクチャーの変更による起動時間やメモリ利用料の改善であったり、ライブラリ(共通部品)を導入して開発効率をアップできるようになりました。

  • バージョンの依存関係の指定
  • プロジェクト毎のアクティビティバージョンの依存関係を指定できるようになりました。これにより、古いプロジェクトを最新のアクティビティで動作させてしまい、挙動が変わってしまうなどの課題に対応しました。

  • ロボットトレイの拡張
  • ロボットトレイを拡張して、検索ボックスのフィルタリンクやウィンドウのリサイズに対応しました。アクティビティでは、カスタム入力が1行のみだったものを複数項目に対応したり、キーボードとマウスの入力を無効化して、安定したロボットの動作が可能になったといいます。

  • Orchestratorの強化
  • Orchestratorも強化され、VDIに対応しました。さらにジョブ開始パラメーターを導入して、ジョブ開始時にパラメーターを渡して処理を実行できるようになったほか、動的な負荷分散機能などが追加されました。

さらなる最新バージョンも公開予定

なんとUiPath社では、今週中でもさらなる最新バージョンの「2018.4」をリリースすると発表しました。この記事が公開されているころには、すでに最新バージョンも公開されていると思います。今年最大級のバージョンアップを10月に公開して2ヶ月後にまたバージョンアップとは、さすがUiPath社といったところでしょうか。



LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)